7月4日ビギナーのための登山入門講座

7/4(日)ビギナーのための登山入門講座
「スマホを活用した安全で楽しい登山講座」
に会員が3名参加し、スタッフとして5名参加しました。
国民宿泊五色台で午前中は座学を行い、午後からは実習として白峰寺から四国の道を歩いて行いました。

6月27日大山・東かがわ市

6/27(日)東かがわ市の大山(おおやま)に会員5名で登りました。
一本松越に着きました。
大山越に着きました。
ここから急登です。
大山に着きました。
大山で記念撮影です。
大山寺です。
ここで、昼食を食べました。
境内には巨木がありました。
コース:川俣ダム登山口〜一本松越〜大山越〜大山〜大山寺〜大山越〜一本松越〜川俣ダム登山口

6月22日平日倶楽部で金見山と大谷山

6/22(火)平日倶楽部で金見山と大谷山に会員5名で登りました。
金見山の頂上で記念撮影です。
今回は曼陀峠から金見山、大谷山まで讃岐山脈を縦走しました。
最初は四国の道を歩きます。
三角点(石砂)を通過します。
金見山に着きました。
唐谷峠に着きました。
ここからが大谷山への登山口となっています。
振り返ると金見山と縦走した讃岐山脈が見えます。
大谷山に到着しました。
大谷山で記念撮影です。
ここから引き返します。
帰りに近くにある生木地蔵を拝みに寄りました。
さらに下山途中にある放流中の「豊稔池(ダム)堰堤」(1930年)バットレス式と重力式を組み合わせた日本に2基だけのマルチプルアーチ式ダムを見学して帰りました。
コース: 曼陀峠(546m)〜五郷越[林道入砂線終点](422m)〜三角点(589m)〜金見山(596m)〜唐谷峠(404m)〜大谷山(507m)〜唐谷峠

1月12日皿ヶ嶺に登りました

2021年1月12日に皿ヶ嶺へ会員3名で登りました。

[山行報告]       [コースタイム]       [ 過去報告]


さぬき山歩会Facebookはこちら


[山行報告]

高松を雨模様の中、昼頃は晴れるとの天気を見込み平日倶楽部の3名で6時半頃出発し、9:20上林森林公園駐車場に到着しました。

白銀の世界で、まだ誰も入っていませんでした。

早々に準備して出発しました。

参加者は新雪の白銀の世界にルンルンでした。

引地山方面から十字峠経由で皿ヶ嶺に向かう予定で尾根を登りました。

尾根まで上がり一服です。

十字峠手前で曲がらずに、そのまま降り龍神平に降ってしまいました。

途中で気づきましたが、時間があるので、そのまま龍神平経由に変更しました。

龍神平小屋が見えて来ました。

龍神平から皿ヶ嶺に登っています。

皿ヶ嶺の山頂に着きました。

○○さんが積雪に倒れ込んだ後です!

新雪にルンルンでした。

皿ヶ嶺の山頂で記念撮影です!

ガスて景色は見えません。

そんな、こんなことしてると単独行の男性が登って来ました。

下山は十字峠経由で帰ることにしました。

霧氷と積雪が綺麗でした。

十字峠で記念撮影です。

峠から龍神平に降りました。

龍神平小屋が見え来ましたが、昼食は上林森林公園まで帰って食べることになり、早々に帰途につきました。

途中、幼児を背負って登る夫婦とすれ違いました。子供さんには寒さがちょっと酷ですね。

グルリンと一周しました。

天気予報通りガスが晴れて、松山市が見えて来ました。

間も無く上林森林公園に着きます。

もどる


[コースタイム]

9:10上林森林公園駐車場登山口9:30〜尾根(引地山分岐)10:10〜龍神平11:15〜11:40皿ヶ嶺(1,271m)11:50〜十字峠12:10〜龍神平12:25〜13 :10上林森林公園

もどる


 過去の登山報告はこちら

1月10日高松クレーター五座を登りました。

2021年1月10日(日)高松クレーター五座[日山、上佐山、日妻山、実相寺山、馬山]に会員6名で登りました。

[山行報告]       [コースタイム]       [ 過去報告]


さぬき山歩会Facebookはこちら


[会員報告]

報告はこちら


[山行報告]

午前8時半に仏生山公園駐車場に集合し、日山に向けて出発しました。

多少北風がありますが冬晴れの良い天気になりました。

最初の目的の山は日山ですが、前座の雨山に登りました。

雨山(116m)の頂上を通過します。

 

降ると舗装された車道の峠にでます。ここが日山西登山口(65m)です。

五座の最初は日山(191.6m)に登りました。

頂上からは樹木に覆われて所々しか景色が望めませんが、展望台があり景色を見られ、無料の望遠鏡まであるので、手に取るように見渡す事が出来ます。

東側のルートには足元が悪い岩場があります。

三郎池公園まで降りて来ました。

三郎池は香川で三番目に大きな池だそうで、説明看板がありました。

池辺りから残りの5座を観る事が出来て、三郎池をクレーターに見立てているのが分かります。

龍のモミュメントが迎えてくれました。

三郎池公園から平和公園まで約2kmを歩き上佐山登山口に着きました。

急峻ですが頑張って登りました。

二つ目の上佐山(255.7m)の頂上は、平坦で祠と三角点があります。

南側には讃岐山脈全体を見渡す事が出来ます。

さらに、上佐山の説明看板がありました。

2600万年前の火山活動で出来た火山台地で、王佐山城の本丸跡といわれ、三谷氏の拠点と伝えてられ急峻な尾根に堅固な防壁が施されていたようです。

戦国時代、土佐の長宗我部氏に敗れ廃城になったと書かれていました。

先程登った日山と雨山です。

高松市内と屋島、白山等、東讃地域全体が一望出来ます。

急峻で360度見渡す事が出る山城、納得です。

登山中は北風がありましたが北側にある雑木林のお陰で、風もなくお日様の暖かさで、ほっこり出来ました。

本日の最高峰、上佐山にて全員で記念撮影です!

これから行く日妻山、実相寺山です。

上佐山からの急峻な登山道を降り、三郎池の辺り(44m)の県道43号線まで約1kmを歩きます。

橋を渡り三郎池対岸にある日妻山登山口からが急峻な登り坂で、約30〜40分を頑張って日妻山です。

昼食後、三座目の日妻山(235.8m)頂上で记念撮影です。

頂上は雑木林で景色は観る事が出来ません。

ここから急峻な登山道を降り車道(65m)に出ました。

見性寺境内に入り墓地を歩いて登山口に向かいます。後方には今登った日妻山が見えています。

墓地奥にある東側の登山口です。

ここから実相寺山に登りました。

雑木林の中を歩きます。

約30分で四座目の実相寺山(250m)に到着です。

実相寺山から西に約20分なだらかな登山を降り車道に出ます。

そこから車道や畑の畦道を1.2km程、馬山登山口まで歩きました。

登山口からは15分弱で、馬山に到着します。

五座最後の馬山(146m)です。

馬山の出口付近は竹藪があり、竹のトンネルを潜り抜け車道に出ました。

ここから1.5km程を歩いて仏生山公園まで一周しました。

もどる


[コースタイム]

仏生山公園8:30~雨山8:55〜日山西登山口9:009:20日山9:25〜三郎池公園9:55〜上佐山登山口10:2010:47上佐山11:05〜日妻山登山口11:3512:10日妻山12:40〜実相寺山東登山口13:10〜実相寺山13:40〜実相寺山西登山口14:00〜馬山登西山口14:20〜馬山14:35〜馬山北登山口14:4515:08仏生山公園

もどる


 過去の登山報告はこちら

もどる